現在位置:ホーム > ガスのご利用ガイド > 安全にご利用いただくために > 安全対策・予防保全 > ガス管が古くありませんか?

安全対策・予防保全

ガス管が古くありませんか?

敷地内のガス管はお客さまの大切な資産です

暮らしのエネルギー「都市ガス」を運ぶガス管。それは毎日休みなく、私たちの身体にエネルギーを運ぶ血管に似ています。

ひとたび異常が発生すれば、快適な暮らしを送ることが出来ません。古くなったガス管は、早めのお取り替えをお勧めいたします。

地中に埋められた古いガス管(亜鉛メッキ鋼管:通称 白ガス管)は、古くなって腐食が進んでいる場合がありますので腐食に強いガス管に取り替えることをおすすめします。

経年管対策(古いガス管の対策)

道路に埋設されているガス本管は、昔(約20年以上前)は白ガス管などの地中で腐食しやすく、地盤沈下や地震のような力が加わった場合にも弱い材質のものしかありませんでした。現在は腐食せず、地震の時などにも破損しないポリエチレン管が使用されています。その強度は阪神淡路大震災などでも、ポリエチレン管に損傷がなかったことで証明されています。東彩ガスでは白ガス管からポリエチレン管への取り替えを計画的に行っています。

腐食・地震に強いガス管を場所に合わせ最適なガス管にお取り替えいたします

*
ポリエチレン管

*
ポリエチレン被覆鋼管

*
硬質塩化ビニール被覆鋼管

お客さま敷地内のガス管の入れ替え

お客さまの敷地内に埋設されているガス管の内、設置年度の古いものについては、白ガス管などの腐食しやすい管が使われている場合があります。白ガス管が使われている場合は、約20年を目安に新しい管への取り替えをお勧めします。

この場合、お客さまの敷地内のガス管はお客さまの財産になりますので、取り替えにかかる費用についてもお客さまのご負担となります。調査や点検については無料で行いますので、お気軽にご相談ください。

ガス管の財産区分