現在位置:ホーム > ガスのご利用ガイド > 安全にご利用いただくために > 安全対策・予防保全 > 安全装置の機能と役割 > 都市ガス用マイコンメーターの安全機能

安全対策・予防保全

安全装置の機能と役割

マイコンがガスの異常を判断 ガスを元で自動的に遮断!

*

メーターの遮断機能

ガスが異常に流出すると自動的に遮断

ゴム管のはずれなどで定められた流量を超えてガスが異常に流出すると、マイコンメーターがこれを感知してガスを遮断します。

ガスを異常に長時間使用した場合に自動的に遮断

器具の消し忘れなどでガスを長時間使用し続けると、マイコンメーターがこれを感知してガスを遮断します。

感震器が地震を感じて自動的に遮断

マイコンメーターは、ガスを使用中に感震器が大きな地震(震度5相当以上)を感知すると、信号を受けてガスを遮断します。(ただしガスを使用していなければ遮断しません)

ガスの圧力が低下した場合に自動的に遮断

マイコンメーターは、ガスを使用中にガスの圧力が異常に低下すると、自動的にガスを遮断します。(ただしガスを使用していなければ遮断しません)

ガス漏れを検査する機能

ガスの微量漏れなど、30日以上連続してガスが流れ続けると赤ランプが点滅し、お知らせします。(ただしガスは遮断しません)