現在位置:ホーム > 暮らしのサポート > 彩life > 暮らしの彩的スタイル > 低体温を治して、免疫力・美貌力UP

暮らしの彩的スタイル

低体温を治して、免疫力・美貌力UP

今、低体温の人が増えている

日本人の一般的平熱は36〜37度ですが、35度台以下を「低体温」と呼ぶのだそうです。その低体温が女性だけでなく、男性・お子さんにも増えている…

では低体温になるとなにが悪いのでしょう。

免疫力が低下する、自律神経が乱れる、基礎代謝の低下、血行不良。それらにより、むくみ、肩こり、疲れが取れない、太りやすく痩せにくい… などなど。いい事ないですね。人の体は36.5〜37度が一番からだの機能が働くのだそうです。

*

低体温はどうしてなるの?

低体温の原因は、下半身の筋肉不足、食べ物などの生活習慣やストレス、夏場は冷房など。そして悪い入浴法もその1つとして挙げられています。

ちゃんと湯船につかって入浴する人と、シャワーで済ませる人とでは健康面で雲泥の差が出るそうです。今回は気軽に実践できるお風呂での、効果的な体の温め方を紹介します。

※入浴は全て「気持ちいい!」という状態でないと効果がありません。体力が低下している方や病気の方は逆効果になる恐れがあり、注意が必要です。

*

効果的な入浴方法

半身浴はやっぱりいいらしい

以前よく、女優さんなどが半身浴でダイエットをしているなど、話題になりました。彩lifeでも何回か紹介してきましたが、半身浴はリラックス効果も高く、全身浴に比べて肺や心臓への負担が軽くなります。

半身浴の行い方

  • お湯の温度はぬるめに(だいたい37〜40度)
  • 入浴時間:可能ならば30分以上
  • 湯船の中に小さいイスか、洗面器を逆さまにして座り、お湯はみぞおちより下の高さになるように。

冬場は寒いので、風呂場を温かくするか乾いたバスタオルを肩にかけて行いましょう。冷えすぎていない水分の補給を!

驚く程の発汗で全身ポカポカ

腎臓を含めた下半身を集中的に暖めるので排尿をうながし、水毒(漢方用語で、水分の代謝が変調を起こしたもの。むくみなど)をとって体全体を温め、下肢の痛みやむみに効果を表すそうです。

他の低体温にも効く入浴法

体温+4度の入浴体温上昇法
平熱+4度くらいのぬるめのお湯に10分以上入る方法。病原菌などの侵入を防ぐ顆粒菌と、体内の細菌などを排除するリンパ球のバランスを増やして免疫力を上げます。体力低下時には半身浴が向きます。

お風呂の中を楽しもう

お風呂はリラックスして一日の疲れを取るのにもいい時間。思い切って使ってみたいシャンプーやトリートメントにしてみるなど、ごほうびタイムにして楽しんで、無理なく体調が良くなるのが1番ですよね。

焦らず、平熱が上がって行くのを楽しみに入浴していきましょう。

参考文献
「体を温める」と病気は必ず治る(石原結實)、「体温免疫力」(安保徹)

  • ※記載された製品の仕様・機能・価格・サービス内容などは発表当時のものです。
  • ※記載の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。