現在位置:ホーム > 暮らしのサポート > 彩life > 暮らしの彩的スタイル > ゆったり・ほんのりバスタイム

暮らしの彩的スタイル

アロマテラピーで ゆったり・ほんのりバスタイム

お風呂でアロマテラピー 香りを楽しむバスタイム

画像をクリックすると拡大します
香りがもたらす脳への作用

アロマテラピーを始める前の注意
3歳未満の乳幼児、妊婦、高齢者、医師の処方を受けている方や、より専門的に楽しみたい方は、実践する前にアロマセラピストにご相談ください。

植物の花や葉、果皮、樹皮などから抽出した高濃度の精油(エッセンシャルオイル)の香りを用いて、心と体を美しく健康にする自然療法を「アロマテラピー」といいます。

精油に含まれている芳香成分は、温めると揮発しやすくなります。浴室は密閉されているうえ、温かい蒸気が充満するので、呼吸によって鼻や口、肺から吸収されるだけでなく、全身の皮膚からも芳香成分を吸収でき、アロマテラピーを行うにはとても有効な空間です。

鼻や口から取り込まれる芳香成分は、脳を刺激し、植物の種類によって心を落ち着かせる、頭をスッキリさせるなどのさまざまな薬理作用を及ぼします。

精油には、リフレッシュやリラックス効果のあるものから、抗菌作用や消臭作用のある成分を含んだものまであり、体調や用途に合わせて使い分けることで、より有意義なバスタイムが期待できます。

入浴法で使い分けるアロマテラピーバスいろいろ

お風呂でアロマテラピーを楽しむ方法はとても簡単。お湯をはったバスタブに、好きな香りの精油を落としてよくかき混ぜてから、ゆっくり入浴を楽しみます。

なお、精油は濃度が高いため、肌に直接つけないようにしてください。ハチミツと混ぜ合わせてから入れると、肌ざわりがやさしくなります。バスタブに落とす量は、全身浴なら5滴以下、足浴などの部分浴なら3滴以下にします。

お湯につからない、朝のシャワーにも手軽に取り入れてみましょう。精油を入れて手作りしたルームコロンをバスルームにスプレーするか、体にスプレーしてからシャワーを浴びます。

また、ミストサウナ浴を行うときは、お湯と精油を入れた小さな器を置いておくだけでバスルームに芳香成分が広がり、高級スパにいるような、優雅な気分が楽しめます。

浴槽浴

エッセンシャルオイルをそのままお湯に落とすか、入浴剤を作って香りを楽しみながら入浴を。足のほうをお風呂のフタで覆っておくと芳香成分が逃げないので、効率よく吸入できます。

*

シャワー浴

シャワーを浴びる前にルームコロンをバスルームにスプレーするか、全身にスプレーして芳香成分を吸入。シャワー浴には目覚め効果があるので、リフレッシュ系の香りをプラスすると、より効果的。

*

ミストサウナ浴

お湯をはった小さな器にエッセンシャルオイルを数滴落としてバスルームに置き、ミストサウナのスイッチをON。芳香成分が細かいミス卜に混じり合って、鼻からの吸入と皮膚からも吸収されます。

*

とってもカンタン!ルームコロンの作り方

用意するもの

容量50ccスプレー容器 1個
無水エタノール 5cc
エッセンシャルオイル 10滴迄
45cc

エッセンシャルオイルは1種類だけでもいいですし、2〜3種をブレンドしてもOKです。

容器に「無水エタノール→エッセンシャルオイル→水」の順番で入れて、よく振ります。

*

エッセンシャルオイルは水と混ざらないため、防腐も兼ねて無水エタノールを加えます。分量は全体量の1割が目安。アルコールに弱い人でも安心して使える濃度です。冷暗所に保管して1週間くらいで使いきるようにしましよう。

参考文献
「しあわせバスタイムレシピ」早川美穂・興梠真紀(東京ガス都市生活研究所)著/株式会社ガスエネルギー新聞 発行

  • ※記載された製品の仕様・機能・価格・サービス内容などは発表当時のものです。
  • ※記載の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。