現在位置:ホーム > 暮らしのサポート > 彩life > 暮らしの彩的スタイル > キッチンガーデンを楽しみましょう!

暮らしの彩的スタイル

食べられるインテリア♪ キッチンガーデンを楽しみましょう!

いつもの料理がワンランクUP!

出来上がった料理に何か彩りを加えたい!そう思ったことはありませんか?

そんな時、バジルやパセリを摘み取って、すぐに使えたら素敵ですよね。でも、実際育てるのは大変… いえいえ、そんなことないんです!

皆さんハイドロカルチャーって聞いたことありますか?ハイドロは水、カルチャーは栽培を意味します。つまり、土の代わりに水を使って植物を栽培するのがハイドロカルチャー。

*

なんだか難しそうなイメージがわくけれど、実際やってみるととっても簡単なんですよ♪ハイドロボールという人工の軽石を使えば、こんなふうにオシャレにキッチンに飾ることが出来るんです!なんだかインテリアみたいですよね☆

必要なときにすぐに使えて、料理を一段と華やかにしてくれる… そんな食べられるインテリアを皆さんも作ってみませんか?

食べられるインテリアの作り方

準備するもの

  • ハイドロボール
  • 根腐れ防止剤
    (3つとも園芸店で購入できます)
  • お好きな器

作り方手順

  1. 苗から土を取り、根を水でよく洗う。
  2. 容器の1/4〜1/5程度に根腐れ防止剤を入れる。
  3. ハイドロボールを軽く水で洗う。
  4. 苗を入れ、根の周りに隙間ができないようハイドロボールを入れる。
  5. 水を入れれば完成!

長持ちさせるポイント

直射日光を避けた、明るい場所に置きましょう。液体肥料を通常の2〜3倍に薄めたものを月2回程度与えてあげると、さらに長持ちしますよ♪

ハイドロボールってなぁに?

粘土状の土をこね、粒状にして高温で焼いたもの。粒の中が多孔質になったボール状の軽石です。無菌で保水性に優れているので、衛生的☆

*

スプラウトとかいわれ大根

植物の若芽(スプラウト)には、野菜が育っていくためのエネルギーがたっぷりつまって栄養満点☆

  1. 容器に脱脂綿(コットン)を2枚重ねて敷く。
  2. 種が重ならないように蒔く。
  3. 霧吹きで水をかける。(指で押すと水がしみ出るくらい)
  4. アルミホイルをかぶせて光をさえぎる。
  5. 1日1回を目安に水やりを☆
  6. 10日ほどで収穫できます!写真は3日後のもの♪

季節のおすすめGreen

ハーブは年間を通して育てられますが、一番香りの良い季節は下記の通りです。

スペアミント、ペパーミント、ジャスミン、カモミール
イタリアンパセリ、バジル、レモンバーム、オレガノ
セージ、タイム、ディル、マジョラム
アロエ・ベラ、ナツメグ、ベイリーフ、ローズヒップ

参考文献
「Everyday Herb」 安藤れい子 著(技術評論社)、「今日から育てるキッチン菜園読本」 ベターホーム協会 深町貴子 著(ベターホーム出版局)

  • ※記載された製品の仕様・機能・価格・サービス内容などは発表当時のものです。
  • ※記載の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。