現在位置:ホーム > 暮らしのサポート > 彩life > 特集 > お正月に食べたい!縁起物「お餅」

くらしに「彩り」をお届けする情報誌 - さいらいふ

お正月に食べたい!縁起物「お餅」

ハレの日の縁起物「お餅」

餅は昔から日本人にとってお祝い事や特別の日に食べる「ハレ」の食べ物でした。そのため新年を迎えるにあたり、餅や他の産物とともに歳神様にお供えをしました。そして元日にそのお供えをお下がりとして頂くのがお雑煮です。お雑煮を食べる際には旧年の収穫や無事に感謝し、新年の豊作や家内安全を祈ります。
今回は日本人とお餅の深い関係についてご紹介します。

古来より稲作信仰と強く結びついているお餅。
お餅をハレの日に食べる習慣は、お米が日本へ伝わったとされる弥生時代にまでさかのぼります。弥生時代に稲作信仰がはじまり、稲には「稲霊(いなだま)」「穀霊(こくれい)」が宿り、人々の生命力を強める霊力があると信じ、神聖な食べ物として崇められるようになります。さらにお米の霊力は、それを搗いて固める餅や醸して造る酒にした場合、倍増すると考えられました。

「鏡餅」もかみの霊力が宿るお供え物として尊ばれてきた。
稲作信仰は平安時代に入ると、三種の神器の一つとされていた鏡に見立てて、蒸した餅米を丸く成形する「鏡餅」を供える習慣を生み出しました。そして、鏡開きは、神様の霊力が宿っている鏡餅を叩いて開き、食べることで、一年の無病息災を祈る気持ちがこめられています。
こうしてお餅は簡便で加工しやすいことから、赤飯やちまきなど、多様な食文化を生み出しながら、事あるごとに神様に供えられ、多々の願いが込められる食べ物として私たちの暮らしに根付いてきました。

*

日本の歳時記にはお餅がツキもの!

正月の鏡餅やお雑煮以外にも、お餅はさまざまな祭りや年中行事など一年を通して食され、さらに出産、人生の門出、お祝いなど人生の節目に欠かせない食材として親しまれています

「初誕生日」と餅

*

赤ちゃんの最初の誕生日には、健康で力持ちの子に育つようにと願いを込め、両家の親族などを招いて盛大な宴を催す地域があります。この日のためについた餅を「力餅」と呼び、風呂敷に包んだ一升餅を背負わせて、赤ちゃんが泣けば泣くほど元気になるという儀式も行われます。

「土用の丑の日」と餅

*

土用の丑の日に、ウナギを食べる風習と同じように、「土用餅」と呼ぶあんころ餅を食べる地域もあります。お餅は暑さを乗り切る「力」の源、赤い小豆は厄除けの効果があり、暑さに負けず無病息災で過ごせるといわれています。

「棟上式」と餅

*

棟上式での餅まきは「散餅銭(さんべいせん)の儀」という災いを祓うための儀式の中で、屋根の上から餅やお金を撒くことで、方位の神さまへのお供え物、また集まったご近所に福をわける意があるといわれています。

「ひなまつり」と餅

*

ひなまつりには、菱餅を雛段に飾ります。3色の意味には諸説ありますが、赤は魔除け、白は清浄、緑は邪気を祓うという意味があるようです。また、菱形になったのは江戸初期のこと。これは心臓の形で、子どもを思う親の心の現れであるという説があります。

「端午の節句」と餅

*

端午節句に餅を柏の葉で包んだ柏餅を供えたのは、江戸時代の中期からといわれています。柏の葉は、次の新芽が出るまで落ちないことから家系が途絶えないことの象徴とされ、武家にとっては縁起の良いものと考えられてきました。

「お食い初め」と餅

*

生後100日〜120日目の間に行う、子どもが一生食べ物に困らないようにと願いを込めて食べ物を与える行事です。これは平安時代に、おかゆにお餅を入れて赤ちゃんの口に箸をつける「五十百日」の儀式がはじまりとされています。生後100日目に行われるため「百日の祝い」、歯の生え始める頃なので「歯がため」ともいわれます。

おらが村のお雑煮自慢!

お雑煮といっても、餅の形やだしの味など、地方や家庭ごとに千差万別。出身県のお雑煮自慢で、お雑煮談義に花を咲かせましょう!

東北地方:福島県 会津の郷土食「こづゆ」

*

  • 具:里芋、椎茸、豆麩、きくらげ、蒟蒻、人参、角餅
  • 汁:干し貝柱、塩、しょう油

山に囲まれた土地柄、保存食の乾物を使うのが特徴。小さな朱塗りの椀に盛ることから「こじゅうのつゆ」となり、訛って「こづゆ」と呼ばれるように。お正月にはこづゆに餅を入れて雑煮として食べたりします。

北陸地方:新潟県 鮭といくらの親子雑煮

*

  • 具:鮭、イクラ、大根、人参、ゴボウ、ほうれん草、里芋、こんにゃく、長ネギ、焼き豆腐、角餅
  • 汁:鰹、煮干、しょう油

醤油仕立ての具だくさんの汁に鮭とイクラを入れた親子雑煮が新潟風。鮭の産地新潟ならではのちょっぴり豪華なお雑煮です。

関西地方:京都府 白みそ仕立ての甘い雑煮

*

  • 具:大根、金時人参、頭芋、ごぼう、三つ葉、丸餅
  • 汁:昆布、白みそ(西京味噌)

甘い香りの白みそで仕立てる京風雑煮。人の頭になるようにと「頭芋」、家庭円満になるようにと「丸餅」を入れます。

九州地方:福岡県 アゴだしブリ雑煮

*

  • 具:ブリ、大根、人参、椎茸、かまぼこ、かつお菜、丸餅
  • 汁:アゴ(飛魚)、醤油

焼きアゴでだしをとったすまし汁に地野菜のかつお菜などを入れたお雑煮。お餅は丸餅で一緒に煮込みます。

関東地方:埼玉県 しょう油仕立てのあっさり雑煮

*

  • 具:小松菜、里芋、大根、人参、ゆず、角餅
  • 汁:昆布、醤油、塩

お雑煮を造っていただいた方「JA越谷市女性部 部長 岡井ふみさん」

この辺りでは、昆布だしに地野菜を入れたしょう油仕立てのあっさりすまし雑煮が一般的です。今回使った具材はすべて地元越谷産を使用!特に越谷市の特産でもある小松菜は、色が良くて肉質がやわらかいのでお雑煮にオススメです♪

お雑煮&餅のアレコレばなし

  • 昔は、五穀豊穣を祈る七草粥までは青物を口にしてはいけないと言われていたので、お雑煮に青物を入れませんでした。(越谷市在住 70代 女性)
  • 正月の三が日は、女性を休ませるために、お雑煮作りは男の仕事でした。なので我が家では今でも父親が作っています。(越谷市在住/千葉県柏市出身 30代 女性)
  • 茨城の実家では毎年餅をつくので、つきたてのやわらかいもちをそのまま雑煮に入れて食べていました。やっぱりつきたてはおいしいです!(岩槻区在住 60代 女性)
  • 四国で白みそにあんこ入りの甘いお雑煮が有名ですが、あんこ入りの餅といえば、埼玉県の北東部には塩で炊いた小豆を餅でくるむ塩あんびん餅があります。(春日部市在住 60代 男性)

お餅 de カンタンおやつ

子どもから大人まで人気のお餅を、手軽にできるおやつにしてみました。お餅は腹持ちがよいので、お子様のおやつにぴったりですよ。(画像をクリックするとレシピがご覧いただけます)

※小さなお子様はもちをのどにつまらせないようご注意下さい。

地元の逸品彩発見!こしがやブランド「400年の歴史 太郎兵衛もち」

江戸時代の初期、当時の越谷市の名主「会田太郎兵衛」により栽培されはじめたもち米。かの家康公も絶賛、明治から昭和初期には天皇家へも献上されていました。しかし収穫量が少ないため、作付け農家が激減。越谷市ではこの優良品種を後世に残そうと保存、復活に力を入れています。

お買い求めはこちらまで
「グリーン・マルシェ」、「ふれあいファーム」、「とれたての」で販売しています。

*
コシが強く、粘りがあり、独特の風味と甘みが特長です。

  • 価格のし餅(900g)1,000円
    切り餅(900g)1,200円
  • 販売期間12月〜1月末頃
  • ※記載された製品の仕様・機能・価格・サービス内容などは発表当時のものです。
  • ※記載の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。