現在位置:ホーム > 暮らしのサポート > 彩life > 特集 > 家に呼び込め 福は内

くらしに「彩り」をお届けする情報誌 - さいらいふ

家に呼び込め 福は内

家に呼び込め 福は内

"節分"の由来

節分とは「季節を分ける」という意味。春夏秋冬それぞれに行われる行事でした。それが、お正月にあたる春分の日の前日(2月3日)だけが残り、1年に1回になっていきました。

豆をまくようになったのは、季節の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられていたため。「魔を滅するもの」として豆をまくようになったのです。

豆まきは「炒り豆」で

豆まきに使う豆は「炒り豆」を使いましょう。これは拾い忘れた豆から芽が出ると縁起が悪いといわれているからです。炒った豆は「福豆」と言い、スーパーなどでも市販されています。豆をまくのは家族が揃ってから。「鬼は外」、「福は内」の掛け声で、下手で投げましょう。

おには〜そと!ふくは〜うち!

年よりひとつ多くの豆を食べる

自分の年より一粒多くの豆を食べることが、その1年間の厄除けになるという言い伝えがあります。

伝統行事は数え年でいいますので、年齢より一粒多く食べるのです。豆まきの豆を使った"福茶"を飲む習わしがあるところもあります。今年は家族みんなの福を祈って節分を楽しみましょう。

鬼のイメージは牛と虎

"鬼"と言えば頭のツノと口からのぞくキバ、それにトラ柄のパンツを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。なぜ鬼はそのような格好をしているのでしょうか。"鬼が出入りする方角"とされる「鬼門」が関係していたのです。

鬼門というのは北東を示す言葉です。昔の人達は方角を干支に照らし合わせて呼んでいました。北東は東を表す丑と北を表す寅の中間に当たることから「丑寅」と呼ばれていました。

その方角から出てくるので牛のようなツノを持ち、トラのようなキバがあり、トラ柄のパンツをはいているのです。昔にできたイメージが語り継がれ、今でも残っているんですね。

歴史が息づく大聖寺の節分祭に出かけよう!

厄除けの行事として昔から行われている"節分祭"。由緒ある寺社で豆まきをすればきっとご利益があるはず!ここでは越谷・大聖寺で行われる節分祭をご紹介します。

*

越谷市相模町にある「大聖寺」では毎年節分の日に「節分祭」を行っています。当日には出店が並ぶほか、福くじなども行われ、大きな賑わいを見せます。

参拝者の厄落としを祈って行われる護摩焚きからスタートし、その火をたいまつにつけた鬼が境内を逃げる、迫力あるお祭りです。

豆をまいて鬼を追い払います。鬼が落としていくたいまつの木は厄除けのお守りになるそうです。その後、大黒様のお面をかぶった"福の神"があらわれて空いたマスにお守りなどを入れてくれます。

使われる鬼のお面は作られてから少なくても100年以上は経っているという歴史あるもの。今年は由緒ある古刹で一年の健康を祈ってみてはいかがでしょうか。

大迫力!大聖寺の節分祭

*

はじめに大聖寺のご住職が護摩焚きを行います

*

たいまつを持った鬼が本堂と境内を逃げ回ります!迫力十分!

*

鬼が退散すると"福の神"があらわれ、マスの中にお守りを入れてくれます

*

参拝者には縁起物であるお菓子やお米がまかれます

2012年度 節分祭の日程

*
開催日 2月3日(金)
鬼払い式スタート 14:30〜
護摩・豆まき 15:00〜
福くじ 17:00〜
今年はゲストとして日光猿軍団がご来場します!

※時間は目安です。当日の進行で予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。
節分祭に関するお問い合わせは、大聖寺 TEL 048-986-4640

*

入り口には歴史ある山門が。掲げられた「眞大山」の字は"寛政の改革"で有名な松平定信の筆だそうです!

*

煙をかけると悪い部分が治るという「常香炉」に線香を立てました。古刹の雰囲気と線香の香りが気持ちを落ち着かせてくれます

*

推定樹齢500年のタブノキ

市の文化財に指定されているタブノキ。こんな巨木も歴史ある古刹ならでは。

厄除けと一緒に元気になってもらえれば

*
大聖寺
住職 加藤氏

節分というのは"厄をふるい落とす"行事です。また、昔のお正月にあたる春分の日の前日であることからひとつの区切りとなる日です。厄除けのお祈りとともに豆まきをすることで鬼を払い、福を呼び、一層元気になるきっかけにしてもらえればと思います。

大聖寺の歴史にふれてみよう!

※事前連絡で見学可能

*

家康奉納の太刀

関が原の合戦に望む際に家康が奉納したといわれる太刀

*

家康 垢付の寝衣

家康が大聖寺に宿泊した際着用したといわれる寝衣

*

北条氏繁 掟書

武人画家としても有名な猛将・北条氏繁が大聖寺に与えた掟書

節分祭と一緒に立ち寄りたい!大聖寺ご近所スポット

越谷ストロベリー

*
赤く実った「あき姫」。とても甘くておいしいです!

市内唯一である「タフナレイ」という光栽培を行う観光農園。減農薬で、より安心・安全ないちごが楽しめます。おいしいいちごの見分け方は「ヘタの下の部分が盛り上がっているもの」。
*
店主の石塚氏
越谷市相模町2-299 ※大聖寺から徒歩約10分
TEL 048-988-7659
営業 10:00〜15:00 月・火曜定休
料金 一般(小学生以上)1,500円/2〜5才1,000円
※上記料金は4月上旬まで
品種 あき姫、紅ほっぺ

虹だんご本舗

*
こだわりのお米を使ってじっくり焼き上げた「焼き団子」。噛むほどに増す風味は店主のこだわりがあってこそ。

*
焼きたての生醤油と甘だれのお団子をいただきました!

越谷市相模町6-442
TEL 048-988-0248
営業 9:30〜18:00(売り切れ仕舞い) 不定休
※事前にお電話いただくと確実です。

鎌倉時代から続く伝統ある神社の節分祭

*
境内には季節を感じる樹木がたくさんあります。

春日部八幡神社

春日部市粕壁にある「春日部八幡神社」は1330年代に造営され、永い歴史の中で、周辺一帯にわたって篤い信仰を集めました。参道の入り口には"六歌仙"として名高い在原業平が詠んだ「名にし負わば いざ言問はん都鳥 わが思ふ人はありやなしやと」という歌の碑が立てられています。

節分祭は本殿の前と左右の3箇所から豆やお菓子などがまかれます。地域の方々が1年の健康を願って参加し、毎年大きな賑わいを見せる行事です。今年は自身や家族の健康を願って参加してみてはいかがでしょうか。

*
境内には大イチョウの木が。毎年、冬には見事な姿を見せてくれます

*
昨年の様子。本殿と左右からお菓子などがまかれ、境内は大きな賑わいを見せます。

*
境内を鬼が回り、参拝者が豆をまいて追い払います。

2012年度 節分祭の日程

*
開催日 2月3日(金)
15:00 スタート
17:30ごろ 終了予定

※時間は目安です。当日の進行で予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。
節分祭に関するお問い合わせは、春日部八幡神社 TEL 048-752-3430


節分を通じて家族・地域の結びつきを

節分というのは昔でいうところの"大晦日"にあたる行事でした。災いという目には見えないものを"鬼"という存在に見立てて豆で追い払い、その豆を食べることで1年の健康を願ったのです。これらの伝統を家族や地域で楽しみながら続けることで、その結びつきを強くして欲しいと思っております。

春日部八幡神社 宮司 押田氏

*

プロに学ぶおいしい"恵方巻"の作り方

  • ※記載された製品の仕様・機能・価格・サービス内容などは発表当時のものです。
  • ※記載の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。