現在位置:ホーム > 暮らしのサポート > 彩life > 特集 > 今年の鍋はひと味違う!

くらしに「彩り」をお届けする情報誌 - さいらいふ

フタを開ければ大歓声♪ 今年の鍋はひと味違う!

今夜はどんな鍋にしようかな♪

鍋がおいしい季節がやってきました!皆さんはどんな鍋を作りますか?寄せ鍋、キムチ鍋、ちゃんこ鍋… どれも美味しいけれど、何となくいつも同じ内容になりがち。今年はいつもと違った鍋を楽しんでみませんか?

一緒に買出しに行ったり、具を作ったり、食卓を準備したり… 鍋は食べる前から家族みんなで楽しめる料理です。また、ひとつの鍋を家族みんなで囲み、ワイワイとにぎやかに美味しく食べることは、家族のコミュニケーションUPにつながります。笑顔が連鎖していくことは、家庭での大きな喜びですよね。きっと心も体もぽかぽかと温まって、みんながとっても幸せな気分になりますよ♪

*

まずは初級編

シンプル鍋はたれでアレンジ!

湯豆腐やしゃぶしゃぶなど、シンプルな鍋にはたれが付き物。まずは手軽にたれをアレンジしてみましょう!家にある調味料を使って、ちょっと変わったオリジナルのたれが簡単に作れます。是非一度お試しください☆

お子様にも大好評!
豆乳味噌だれ

豆乳には、ダイエット効果・美肌効果・脳の活性化・老化防止などなど、たくさんの健康効果があるんですよ!

*
豆乳 60ml
味噌 大さじ1
砂糖、ごま油 各大さじ1/2

こんな組み合わせもアリ!
おろし昆布茶だれ

昆布茶は、だしの代わりになります!スパゲティーやチャーハンなどにサッと一振りするだけで旨味UP!お料理の隠し味に是非活用してください☆

*
昆布茶 小さじ1
大根おろし 1/2カップ

食欲増進!ご飯が進む
ピリ辛だれ

豆板醤は「中国」、コチュジャンは「韓国」の調味料。塩味で辛くしたければ豆板醤。甘口でほんのり辛くしたければコチュジャンを使いましょう!※お好みで長ネギを加えても◎

*
豆板醤 or コチュジャン 小さじ1〜
大さじ1〜
醤油 大さじ3
ごま油 大さじ1/2

オススメ シンプル鍋
白菜と豚肉のミルフィーユ鍋

白菜から出る水分だけで蒸し煮にするので、豚肉の旨味、白菜の甘味が凝縮された一品に仕上がります♪お好きなたれでお召し上がりください!

*
  1. 白菜と豚バラ肉を交互に重ね、断面が上になるよう、鍋に隙間なく並べる。
  2. 塩コショウで軽く味つけして、弱火で20分ほど蒸せば出来上がり!

続いて中級編

手作りの具で一段とおいしく!

みなさんはお鍋の中にどんな具を入れますか?お肉に野菜、お豆腐… なんだかマンネリ化しがち。そんなときは手作りの具で鍋に賑わいを持たせてみてはいかがでしょう。お鍋が一層美味しくなること間違いなし!親子で一緒に楽しめる、おススメの具の作り方をご紹介します☆

グリルできりたんぽ

秋田名物きりたんぽ♪香ばしいおこげはグリルならでは!

切る前の状態を"たんぽ"と言い、切った状態を"きりたんぽ"といいます。きりたんぽは早いうちから入れると煮崩れるので、火の通りやすい葉野菜の前に入れましょう!

*

*

1. 温かいご飯をボウルに入れ、少し粒が残る程度につぶす。

*

2. 箸などを使って形を整える。

*

3. グリルで6〜7分、少し焦げ目がつくまで焼く。

お楽しみきんちゃく袋

スープをたっぷり含んだあっつあつの巾着袋!一体何が入ってるのかな?

具材例:ウインナー、ちくわ、チーズ、卵、高野豆腐、しいたけ、ピーマン、にんじん、かぼちゃ、春雨など。まな板の上に油揚げをおき、箸を押しながらころがすと口が開きやすくなります!

*

*

1. 油揚げは半分に切り、開いて熱湯で2〜3分ゆで油抜きを。

*

2. 袋の中にお好きな具材を入れる。

*

3. かんぴょうやにら、三つ葉で口を結ぶ。

こだわりの上級編

個性あふれる郷土鍋で地域の食文化を感じよう!

日本全国には、地方色豊かな郷土鍋がたくさん存在します。地域によって具材や作り方、味付けは様々で、その背景には地域の歴史や文化を見ることができます。全国区になった鍋もたくさんありますが、知られざる名物鍋もまだまだいっぱい!

そこで、全国の郷土鍋の中から、特にこの冬おススメの、ちょっと変わった3品をご紹介します。お父さんには広島県の「美酒鍋」、お母さんには佐賀県の「茶しゃぶ」、お子様には奈良県の「飛鳥鍋」が特におススメ!バラエティ豊かな郷土鍋で、地域の食文化を感じてみませんか。

広島県 美酒鍋(びしょなべ)

酒どころ広島県で生まれた、煮汁に日本酒を惜しみなく使った鍋。煮ているうちにアルコールが飛んで日本酒の旨味だけがしっかり残り、にんにくのいい香りが食欲をそそります。
名前は酒蔵で働く蔵人に由来。水仕事が多く、びしょびしょになるので「びしょ」と呼ばれ、蔵人が作り始めた鍋なので「びしょ鍋」と呼ぶようになったそうです。蔵人が伝えてきた豪華な美酒鍋は、体を芯から温め冬場を乗り切るのにぴったりの一品です。

*
旨味たっぷりでパパも大満足!

佐賀県 茶しゃぶ

佐賀県のお茶どころ、嬉野温泉発祥の鍋。緑茶には旨味成分の元であるグルタミン酸が多く含まれているので、ダシを取る必要はありません。加えてお茶の香りで豚肉の臭みが抜けるため、肉の旨味が一段と引き立ちます。
また、弾力性のあるみずみずしい素肌を作るために欠かせないカロチンとビタミンCも豊富!女性に是非召し上がって頂きたいお鍋です。

*
ママに嬉しいヘルシー鍋

奈良県 飛鳥鍋

飛鳥鍋とは奈良県の郷土鍋で、牛乳ベースの白い煮汁が特徴です。具材の旨味を牛乳が包み込む優しい味。味噌を加えることでこくが生まれ、和風クリームシチューといった感じ。
飛鳥時代に唐から来た僧侶が、寒さをしのぐためにヤギの乳で鍋料理を作ったのが始まりとされています。牛乳は不足しがちな栄養を補い、食事全体のバランスを整えてくれます。カルシウムも豊富に含まれているので、育ち盛りのお子様には特におススメですよ。

*
優しい味に子供たちも喜ぶ!

参考文献
「具だくさんのあったか鍋」(成美堂出版編集部)、「酒がすすむ鍋」林幸子 著(角川SSコミュニケーションズ)、「おうちでシェフ味 人気の鍋もの102」(世界文化社)

  • ※記載された製品の仕様・機能・価格・サービス内容などは発表当時のものです。
  • ※記載の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。