現在位置:ホーム > 暮らしのサポート > 彩life > 美味しい地酒応援団

美味しい地酒応援団

豊かな風土と技術の埼玉の地酒 - 蔵元紹介

埼玉県にはこんなに沢山の蔵元があります!

埼玉県には、沢山の地酒があります。荒川と利根川の二つの大河が流れ、平成の名水百選に選ばれる川や湧水なども四つあります(元荒川ムサシトミヨ生息地・武甲山伏流水・妙音沢・毘沙門水)。また、お酒に大変適している新しい酒米「さけ武蔵」が開発されています。埼玉県にはおいしいお米を作る原料があるのです。

昔からお酒は「百薬の長」と言われますが、特に日本酒はお酒の中でも多くのアミノ酸が含まれ、善玉コレステロールを増やしたり、冷えの改善効果があります。適量の日本酒は美容と健康にとてもいいとされています。

日本酒をおいしく飲んで、きれいに健康になりましょう。
※日本酒の1日の適量=2合まで

地図をクリックすると拡大します
埼玉県日本酒蔵元マップ

埼玉地酒応援団ホームページ
埼玉県酒造組合

出荷量全国第7位の隠れた酒どころ、埼玉県

酒どころと言えば、伏見(京都府)や灘(兵庫県)を思い浮かべる人も多いと思いますが、実は埼玉県は、日本酒出荷量全国第7位を誇る隠れた酒どころなのです。また、全国新酒鑑評会(全国規模で開催される唯一の清酒鑑評会)では毎年多数の県産酒が金賞を受賞するなど、その品質についても高い評価をいただいています。それにもかかわらず、日本酒における埼玉の知名度は決して高いものとはいえません。

そこで、埼玉の地酒情報を県内外に発信し、埼玉の地酒愛好家を増やすため、平成20年1月「埼玉地酒応援団」が、勝手連的に結成されました。私も顧問として参加しています。応援団では、地酒の知名度アップのため「埼玉の地酒で乾杯運動」を展開中です。この取り組みは全国からも高く評価され、昨年、日本酒造組合中央会の表彰をいただきました。今後も約370名の応援団員とともに「酒どころ埼玉」を広くPRしていきたいと思います。

*
埼玉地酒応援団 顧問
埼玉県知事 上田 清司

*
幸手市 石井酒造
*
松伏町 まつぶし誉 地酒睦会
*
越谷市 越ヶ谷宿
*
吉川市 なまず御前