現在位置:ホーム > ガスのご利用ガイド > ガスのご利用について > 各種ガス料金・お支払い > 都市ガス料金 > 原料費調整制度

各種ガス料金・お支払い

都市ガス料金(都市ガス13A・天然ガス)

原料費調整制度について

制度の仕組み

3ヶ月ごとの平均原料価格を、料金改定の際に前提とした原料価格(基準平均原料価格)と比較し、上昇あるいは低下した場合、それに合わせて毎月ガス料金を調整します。

基準平均原料価格=71,510円/t(平成24年7〜9月の原料価格)

原料価格調整による
ガス料金の算定方法

[基本料金(税込)+調整単位料金]×ご使用量

調整単位料金=基準単位料金(税込)±0.082×[原料価格変動額(100円未満切捨て)/100円]×(1+消費税率)

毎月の調整単位料金はあらかじめ、当社に掲示するとともに毎月の検針の際にお届けしている「東彩ガスからのお知らせ」により表示いたします。

原料費調整単価の適用月分

各月に対応する原料費調整単価は次のように適用します。
ガス料金適用 原料算定月分
1月 前年8〜10月の間
2月 前年9〜11月の間
3月 前年10〜12月の間
4月 前年11〜1月の間
5月 前年12〜2月の間
6月 1〜3月の間
ガス料金適用 原料算定月分
7月 2〜4月の間
8月 3〜5月の間
9月 4〜6月の間
10月 5〜7月の間
11月 6〜8月の間
12月 7〜9月の間