現在位置:ホーム > ガスのご利用ガイド > ガスのご利用について > 各種ガス料金・お支払い > 都市ガス料金 > ガス料金算定方法

各種ガス料金・お支払い

都市ガス料金(都市ガス13A・天然ガス)

ガス料金算定方法(例:一般料金契約)

ガス料金の算定方法について、1ヶ月のご使用量により右記、料金表の各料金が適用されます。

  • 料金表の単位料金は「原料費調整制度」に基づき、毎月調整させていただきます。
  • 基準平均原料価格は71,510円/tです。

料金表(一般料金契約、税込)

ご使用量(m3/月) 基本料金(月額) 基準単位料金
(1m3につき)
A 0m3〜20m3まで  779.76円 185.85円
B 20m3超〜80m3まで 1,414.80円 154.07円
C 80m3超〜200m3まで 1,890.00円 148.14円
D 200m3超〜400m3まで 3,130.92円 141.93円
E 400m3超〜700m3まで 6,480.00円 133.56円
F 700m3 9,720.00円 128.94円

計算方法

早収料金=基本料金[税込]+(ご使用量×基準単位料金[税込]または調整単位料金[税込])

計算例

モデル世帯における使用量(34m3/月)の場合
料金表Bが適用されます
(基本料金1,414.80円・基準単位料金154.07円)

早収料金=1,414.80円+(34m3×154.07円)
       =6,653.18円(端数処理前)
       =6,653円(小数点以下切り捨て)

※調整単位料金は、原料費の変動により毎月調整いたします。詳しくは原料費調整制度についてをご参照下さい。

料金計算上のご注意

  • 早収料金は、検針日の翌日から起算して30日以内(早収料金適用期間)にお支払いいただく場合の料金です。
  • 早収料金適用期間経過後に支払いが行われる場合には、早収料金を3%割増したもの(遅収料金といい、消費税等相当額を含みます)を料金としてお支払いいただきます。

支払期限日について

  • 支払期限日は支払義務発生日(検針日)の翌日から起算して50日目といたします。
    ただし、支払義務発生の日から起算して50日目が休日の場合は、その直後の休日でない日を支払期限日とします。
  • 支払期限日を経過してもなお料金の支払いがない場合はガスの供給を停止することがあります。
    なお、ガスの供給を停止する場合にはあらかじめその旨を予告いたします。

※詳細はガス小売供給約款をご覧下さい。